1,ビジネス書はドンドン薄っぺらくなっている!(商業出版の裏側)

ビジネス、実用書を書く時に大事なポイントっていうのはすぐに答えを教えてあげなきゃいけない
だから最近ビジネス、実用書はどんどん薄くなってるんです
変わらないよ […]

2,今の人たちは本を読まない|スマホネイティブの真実

今若い人ってあんまり本読まないんですよ
今の10代、20代、30代はスマホネイティブですよね
オギャーと生まれた時からスマホ握ってた世代なんですよ
手の中に情報がある世代なんですね […]

3,人の悩みの数だけ本になる|出版の極意

人の悩みの数だけ本のネタがあるんです
そしてその人の悩みっていうのは皆さんが楽々できることでも他人様が見たらとってもとっても悩んでることなんか山ほどあるわけですよ
これが温度差ってことですね […]

4,「実は誰でも出版できる裏ワザ」三角形の法則

そもそも誰でも商業出版は可能なのか
三角形の法則を使って解説
今日ここにお集りの方
この動画見てる方はいろんなご職業されてると思います […]

5,「三角形の法則」を使ってベストセラーになった成功事例

社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった
これは東京ディズニーランド、ディズニーシーの社員教育について語った本なんですね
東京ディズニーランドってお客さんだけじゃなくてスタッフ […]

6,一般人が商業出版する「立ち位置チェンジの法則」

立ち位置チェンジの法則
これは先ほど言ったように僕は著者です
これはプレイヤーですね
僕は出版プロデューサーです
これはティーチャーですよね […]

7,スターバックスが日本でテレビCMを打たないわけ|本の威力

スターバックスが日本でテレビCMを打たないわけ
スタバとドトール、マックの違い
ちなみにマクドナルドはテレビCMを打ちまくってます
最近だったら元SMAPのキムタク […]

8,出版の現実「85%は本屋に流通しない自費出版」

商業出版の現実という話をします
まず今ここで商業出版という話を初めて聞いた方いらっしゃると思うので説明すると
出版には商業出版と自費出版 […]

9,商業出版の現実「商業出版をしたければ出版社に対して企画書を作るべし」

今回は商業出版の話です
商業出版をしたければ最初に●●と●●を作りなさい
大事なのは原稿じゃないと
え?原稿以外に何が必要なの?ってなると思うんですけど […]

10,商業出版は投資ビジネス|その理由と実態

商業出版は●●ビジネス
これはね 投資ビジネスです
出版社は著者に投資をしてくれてるんです
この金額が出版費用ですね […]

11,モノが売れない3つの理由|こうやってモノを売れ!

書籍が解決する3つのこと
まずね
みなさんそれぞれご商売をやってると思います
またはこれからご商売すると思います […]

12,書籍が解決する3つのこと|こぞって出版する理由

本を出すと実はこの3つが全部網羅されるということです。
出版することによってニーズがあるから書籍化される
僕がコンサルタントになって650万稼ぎますっていう本を
最初は僕の頭の中だけにあるノウハウなんです […]

13,ミスマッチのないお客様を引き寄せる「バイブル商法」のススメ

ミスマッチのないお客様を引き寄せる
バイブル商法のススメ
先ほど私コンサルタントって言いましたね
コンサルタントっていう職業は厄介な職業なんですよね […]

14,仕掛け(プル型)営業の黄金パターン|ミスマッチのないお客様を引き寄せろ

以前は小冊子による集客法が流行
流行りましたが流通を使い
全国の書店の店頭に並ぶ本は魔法の集客ツール
昔ね 小冊子ブームっていうのがあったんですね […]

15,出版でビジネスが加速する3つの理由

出版のメリットデメリット 今日のまとめですね
出版のメリット
全国の書店があなたの会社の営業所になります
そうするとマスコミの取材が来ます […]

16,起業家や社長が出版するメリット

起業家、社長が出版するメリット
リクルート活動として会社の信用度が驚くほどアップする
マスコミが注目 ブランディング
リクルート活動っていうのは所謂仲間作りです […]

17,商業出版の現実「無名でも出版できる」

新刊は1日300タイトルぐらい出てるって言われています
だから編集者は常に書き手である著者を探してるんです
実際これリアルにいましたよね
探してるんですって […]

18,商業出版の現実「出版経験0だと著者になりやすい」

講師、コンサルタント業は出版がしやすい
これはコンテンツを持ってるからです
今日僕が話してることはこの本に全部書いてます
だからコンテンツを持ってる人はコンテンツを全部 […]

19,なぜKindle出版すると商業出版しにくくなるのか?

電子出版の著者はブランドになるのか
たまにFacebookで本を出しました
電子書籍ですみたいな人がいるけど
あれはちょっと痛いですよね […]

20,短期間で25冊の本を出版できた理由

なぜ私は短期間で25冊の本を出版できたのか
2つ理由があります
1つは本をよく読む層に向けて出版企画を出してるから
本をよく読む層っていうのは士業とかコンサルとか勉強する人達です […]

21,人々が本を買う理由は●●のため|ビジネス出版ノウハウ

人はなぜ物やサービスを買うのか?
いわゆる、人が買う物を製造しなければいけない。
A.欲や快楽、夢や希望を叶えるため。
B.恐怖や苦痛から逃れるため。
C.時間を短縮するため。 […]

22,今の時代に●●なコンテンツはNG|ビジネス出版ノウハウ

ビジネス実用書を書く時に、大事なポイントというのはすぐに答えを教えてあげないといけない。
だから最近ビジネス実用書は、どんどん薄くなってるんです。[…]

23,人は欲や快楽を満たすために●●を買う

欲や快楽、夢や希望を叶えるため。
今よりも良くなるために人は本を買うんです。
今より良くなるため。[…]

24,あなたの当たり前がお金になる|ビジネス出版ノウハウ

究極の恐怖が何かって言ったら、やっぱり死んじゃう事ですよね。
死んじゃったら終わりだから。
『だから医者から殺されない47の心得』とか『肩こりは〇〇だけすれば治る』みたいな本 いっぱい出てますよね。[…]

25,若者は●●が恐怖!?|ビジネス出版ノウハウ

本当は本を書く資格なんて、みんな持ってる。
なんだけど、そう思ってないんですね。わからないから。
今のめちゃめちゃヒントですよ。[…]

26,社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった

『社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった』
これは東京ディズニーランド・ディズニーシーの社員教育について語った本なんですね。[…]

27,誰でも本を書ける秘訣|未熟者が出版したら大ヒット!

『社長さん!銀行員の言うことをハイハイきいていたらあなたの会社、潰れますよ!』
この本は銀行融資、中小零細企業ってお金を銀行とか信用金庫とか政策金融公庫から借りるでしょ?[…]

28,本がヒットする法則|ビジネス書出版の極意

この本を出すまで、セミナー講師になろうみたいな本は世の中に1冊もなかったんです。
だからこの本売れました。[…]

29,弱者だからできる出版で人生大逆転!

本を書くとこんな良い事がありますよ。
本っていうのは、こういう効果がありますよっていうお話です。
中卒の田中角栄は[…]

30,お金をもらって集客!?|出版ビジネス

見込み客を連れて来てもらうまでが集客の費用がかかるんです。
それがチラシであったり、ネットだったらBCP広告であったり。
いわゆる営業費ってやつです。[…]

31,環境を変えてお金持ちになるたった一つの方法

今の延長上に劇的な変化は残念ながらありません。
劇的な変化を手に入れたければ、環境を変える、付き合う相手を変えるしかないです。
わかりやすい例で言うと[…]

32,丸投げ命取り!あなたの大切な本のタイトル|現役ベストセラー編集者が伝授

最近だと速読とかも流行っていて、本を早く読むためには、タイトルをまず読んでどういう本か理解して、パーッて読むっていう、ビジネス書界隈ですとそういうトレンドでもあります。[…]

33,悩まない!本のタイトルの作り方のコツ|現役ベストセラー編集者が伝授

今お話させてもらったように、タイトルっていうのは、言葉だけの強みっていうのもありますし、それで売上左右していくっていうのもありますけど、デザイン的な部分にもかなり影響していく部分って[…]

34,未熟さを逆手にとって大ヒット!?|現役ベストセラー編集者が伝授

脱固定観念型みたいなっていうところでタイトルを立てる事もあります。
これは自分で出させてもらった『一緒に働きたいと言われる人の仕事術』という本なんですけど[…]

35,タイトル決めのポジションの取り方|現役ベストセラー編集者が伝授

マーケットでセグメントして戦える時っていうのは、ツリー型が有効打だと思うんですね。
自分の立場ポジションはここだと。[…]

36,編集者が萎える著者の●●|現役ベストセラー編集者が伝授

今日初めての方いらっしゃるんですけど、著者に望む事ってあります?
新しい著者に望む事。またこういうの思ってたら、是非俺やりたいな!みたいなのあります?[…]

37,本を作ればあなたのすごさがわかる!

プロフィール作りは編集者の方も私以外の著者の方も、みんな言うんですけれども、
そう見えればいいって話なんですね(笑)[…]

38,【爆速】プロ目線で作る最強出版術

本って誰が読むかって言ったら自分以外の人がお金を出して読むんです。
もっと言うと自分の友達とか親戚以外、全く皆さんの事を知らない人がお金を出して買う。[…]

39,●●にモテる方法|需要と供給のアンバランス

スター誕生方式と言いまして、これ実はね画期的なんですよ。
なぜかと言うと1対1だと出版社からすると、300万円出そうかどうかという
いわゆる出版社が絶対的立場が強いじゃないですか。出資者だから。[…]

40,本を売るなら●●でバズれ!

そして、オンラインメディア。ここもウチの強みです。
具体的には日経BP。東洋経済オンライン。講談社現代ビジネス。
今、本を売るにはネットでバズるのが一番なんですよ。[…]