編集者が語る
僕たちはこんな著者を
求めています!

編集者のホンネ(3)

大切なのは、過去の著作よりも、デビュー作のオリジナル性

本を今まで1冊も書いていない人でも、他の人にはないノウハウや売りがあり、それが時代のニーズに合致するのであれば全く問題ありません。やはり、オリジナリティは大きな強みです。
たとえノウハウの内容に新規性がなくても、それをどう見せるか、誰に向けて説くかなどの点で新しさを出せれば、オリジナルな内容になります。松尾さんが説いている「三角形の法則」や「立ち位置チェンジの法則」などは、まさに解決策のひとつと言えるでしょう。
反対に、ネット上で見たような内容しか書けない人は、出版しても売れませんし、そもそも企画が通らないでしょう。その他大勢の人と言っていることや、やっていることが変わらないのであれば、新人ではなく既存の著者に依頼したほうがリスクは低いので、新人著者に頼むことはまずありません。そういう意味では、ノウハウの新しさや斬新さといった企画性は、特に重視しています。
また、編集の側から見ると、処女作はチャンスととらえることもできます。言葉は悪いですが、処女作の場合は著者のノウハウの「おいしいところ」を自由に切り取ることができ、内容的にはむしろよい本になりやすいからです。そのため、個人的には処女作を積極的に手掛けています。