《 開催日 》
※8月1日(土)【新宿会場】⇒新型コロナ感染状況を踏まえて中止と致しました
2020年8月5日(水)14:30~17:30【Zoom会議室】
2020年9月12日(土)14:00~18:00【新宿会場】
Zoomセミナーのお申込みはこちらからお願いします。

 

お申込みはこちら

 


 
 

 
 

 
 





 

大原 昌人さま(第24期)
株式会社ダニエルズアーク代表取締役

≪出版の動機≫個人のブランディングという観点から、「出版」を検討するようになりました。
私は、大手である楽天株式会社を辞め、自分で会社を起こしビジネスを始めていく中で強く感じた事があります。
それは「社会に対する信頼やインパクト」の重要性でした。今までは「楽天」という名前をこちらが出せば、相手の企業からは即座に返答があり、こちらまでわざわざ足を運んでくれるという状況が当たり前の世界でした。
しかし、スタートしたてのベンチャーや1人社長の会社を、赤の他人はあまり信用しません。
そんな課題とブランディングの重要性を感じていた日々で出会ったのがこのビジネス著書養成スクールでした。
「良質な少ない仕事を、高単価で受注していく」という事を仕事のスタンスとして掲げていた際に、無名の個人が大手企業がひしめく中で何も無しに戦っていく事に限界を感じていました。つまり、赤の他人に対して自分をブランディングし、信頼を得るという事が出来ておらず、というのが最大の悩みでした。
≪出版後に変わった事≫出版後に、仕事の問い合わせが月に平均でプラス10件増えました。
また、仕事の単価も1.5倍~3倍近く上がりました。
今まで、社会的な信用やインパクトがない無名の状態では、仕事も下請けのような立ち位置でした。しかし、書籍出版後においては、ある意味「専門家」としてお仕事に呼ばれるのですから、単価が上がる事は当然です。
また、日経新聞掲載、東洋経済オンラインでのコラム連載、週刊SPA! 掲載など、通常では数百万円払っても載る事が難しいとされているメディアにも、著者として掲載いただきました。春からは、テレビ局とのタイアップ番組のお話もいただき、本当に出版を通したメディアの力を痛感しております。
≪プロフィール≫Webプロデューサー・クリエイティブディレクター
慶應義塾大学環境情報学部卒業後、楽天株式会社に新卒入社。突出したクリエイティブ能力を買われ、楽天市場全体のビジュアルを統括するWebプロデューサー・ディレクターとして、働く。2016年4月、楽天市場MVP賞受賞、2017年楽天スーパーSALE最年少プロデューサー就任。2018年、独立企業し(株)ダニエルズアーク設立、代表に就任。「誰でも夢が見られるチャレンジの場を作る」ことを掲げ、全国各地に活躍の場を広げている。

小嶋 康之さま(第4期)
プロ営業マン / 営業研修講師

≪出版の動機≫ひと言で言うと、副収入が欲しかったことです。というのも、私は子供が3人いる既婚者でサラリーマン。月々3万円の小遣い制です。その3万円で昼食・床屋・酒やコーヒーを含めた飲み物代・会社の仲間との飲み代・スーツやワイシャツなどの日用品などを全部まかなっています。当然、毎月毎月、節約の日々。昼食代を200円(税込)以内にするため、家から晩ご飯の残りのお米をタッパーに詰めて持っていくことも…。

 

そんな終わりのない毎日の節約ストレスから開放されたい!出版して有名になって人生を変えたい!と思ったことがきっかけでした。
≪出版後に変わった事≫プライベート、会社ともに株が一気に上がりました。高速エレベーター並みです。それもそのはず。出版する前、私は学歴も役職もない一般人でしたから。
当時私が勤めていた会社は、一部上場している業界最大手企業。一般社員の私が社長と直接話すことはありません。ただ出版したことで社長からお声かけ頂き、役員や蒼々たる役職者たちと社長直轄のプロジェクトに参画しました。
この経験を活かし、現在は全国展開しているハウスクリーニング会社に転職。創立以来のスピード昇進で支店長代理となり、年収は前職の約1.5倍にもなりました。お陰様で今は苦しかった節約から解放され、家族共々楽しい生活を送っています。
≪プロフィール≫1975年8月生まれ。幼少期の極貧生活から学歴よりお金が大切だと悟り、数字史上主義のブラック企業へ就職。創立以来最速でマネージャーに就任。年収850万円を得るも、結婚を機に大手教育スクールのクリーン企業に転職。前職で得た営業術を活かし、東日本エリアで成約率および契約高、ともに第1位を獲得。現在はハウスクリーニング企業に勤務。東日本全域を統括する東京支店支店長代理として、営業活動および社員育成に従事。

根岸 靖さま(第13期)
接骨院グループ
(株)ヒューマンアジャスト代表治療院コンサルタント
(株)セカンドジョブ代表

≪出版の動機≫本業が順調にいっているため、様々な営業がやってきます。その中の一つに自費出版業者がいました。「社長ほどの実績がある方でしたら是非、自費出版をして本を出しませんか」という提案です。その金額はなんと、1000万円。しかし当時の私は「経費になるなら良いかな?」くらいの感覚だったのです。周囲に相談し、その時は断念したのですが、そのころから出版に興味を持ち始めました。ちょうどそのタイミングで弊社の顧問弁護士にネクストサービスをご紹介いただき、すぐに飛びつきました。
当初は、本当に自分程度の人間が商業出版の著者としての需要があるのであろうか?と心配でした。
≪出版後に変わった事≫出版当時9院の運営をしておりましたが、出版後3年間で21院まで躍進いたしました。本の出版により、人材採用の面で自身の顔より本の表紙の方が有名になっており学生さんや転職希望者の入社が殺到。その結果、店舗展開がスムーズに行われたものであると感じております。当時、従業員45名ほどの会社でしたが現在では従業員120名の在籍になりました。
≪プロフィール≫1975年生まれ。獨協大学経済学部経済学科卒業。柔道整復師の国家資格を取得後、都内有名整形外科で修業したのち埼玉県狭山市にて、31歳で接骨院を開業。ブラック企業だらけの治療院業界に週休2日制、8時間労働の職場環境を実現し、多くの治療家、治療院経営者からの信頼を集める。現在、東京・埼玉・神奈川・栃木に21院運営(2020年4月現在)

 

 
お申込みはこちら

 





サンプラザ中野くんラジオ出演 2018年10月10日

TBSテレビ「ビビット」2017年3月8日放送(電話インタビュー)

 

お申込みはこちら

 

  • 商業出版したいのですが、何から始めたらいいかわかりません
    ホームページから持ち込み原稿を歓迎している出版社を探し、出版企画書を郵送してください。ただし、その場合99%不採用になることを覚悟してください(全く可能性がないというわけではありません)。
    時間が大切な(本業がお忙しい)方は、弊社ネクストサービスのような出版エージェントに相談するのが近道です。
  • 自費出版の誘いがきましたが、費用が高すぎると思います
    自費出版の費用は300万円~1000万円まで出版社によって差はありますが、いずれにせよ、とても高額です。
    そのうえ、本が一般の書店に並ぶことがないのがほとんどです。
    ならば、費用の一部を弊社のような出版コンサルティングの会社に支払い、残りのお金を本の販売促進活動に使うのが賢い選択といえるでしょう。
  • 出版のコンサルやスクール(講座)は何を基準に選べばいいのでしょうか?
    コンサル実績、スクール卒業生の出版実績(実際に何冊本が出版されているか)を見れば一目瞭然です。
    弊社ビジネス著者養成スクール卒業生から著者は130名以上誕生し、中には2冊、3冊どころか10冊以上の本を出した方もいます。
  • 無名な私でも出版できますか?
    一般の読者がビジネス書を購入する目的は実利(自分の利益)のためです。
    1500円の本を買うとき、その内容が購入金額を超えるかどうかであり、著者が有名、無名などほとんど関係ありません。
    それに、出版社の編集者は「手あか」のついていない、新しい書き手(新人著者)を常に探しているのです。
  • 「出版企画書」とはなんですか?
    出版社が本の構成を把握するための資料です。   

     

    ネクストサービスの出版塾(スクール)で作成する出版企画書は「タイトル」「サブタイトル」「キャッチコピー」「企画概要」「類書」「類書との差別化」「章立て」「著者プロフィール」「見本原稿」で構成しています。

     

    各項目の書き方を知りたい方は、弊社代表で24冊の著者であり当出版塾講師・松尾昭仁の『出版の教科書』(秀和システム)を参考にしてください。

     

  • Amazonキンドル(kindle)などの電子書籍での出版が簡単で費用が安いと聞きましたが?
    将来、紙の出版を目指すのであれば、安易な電子出版は避けるべきです。
    なぜなら、出版業界では「紙で出版できないから、電子書籍を出した人」と判断され、その後、紙の出版がしにくくなるからです。
    紙で出版すれば、同時に、電子化されることが一般的ですので、まずは紙の出版を目指してください。
  • ビジネス書だけではなく、小説も扱っていますか?
    弊社は「ビジネス書」「実用書」を専門としているため、フィクションである小説や漫画、ポエムなどは取り扱っておりません。
  • 本業が忙しいので、原稿作り(執筆)に時間を取れるか不安です。
    ネクストサービスの商業出版塾(スクール)では、最初の1冊はご自身で執筆することを奨めています。
    理由は、1冊目から自身が執筆せずライター(プロの書き手)に書いてもらうと本への想いや愛情が薄まり、結果売れない本になるからです。
    苦労の上書き上げた1冊は、あなたのかけがえのない宝物になります。   

     

    一方で、プロのライターがつくことが当たり前の出版社もあります。
    ネクストサービス出版塾では、受講生の特色や資金、出版社や担当編集者の希望などを考慮してライターをコーディネートすることがあります。

     

  • 「出版実現セミナー」に出席した場合、85万円の本講座(ビジネス著者養成スクール)を受講しなければなりませんか?
    「出版実現セミナー」では商業出版の基礎知識をお伝えしています。
    さらに、本講座の説明、スクール卒業生の受講体験談・出版の体験話などのコーナーもございます。
    ※本講座(スクール)の無理な勧誘は一切ありませんので、どうぞご安心ください。

 

 

《 懇親会について 》
セミナー終了後、講師も参加する懇親会をおこないます。(希望者のみ)
この懇親会は単なる飲み会ではなく、参加者の皆様が交流をし、出版人脈を作る場です。
出席をご希望の方は、お申し込みフォームの「懇親会に参加する」にチェックを入れてください。「出版を目指す・熱い同期」を探す場として、是非、ご活用ください!
※毎回セミナー参加者の7~9割程度の方が懇親会に出席されます。(殆どがお一人様での参加です。)

出版実現セミナー 会場・詳細

開催日  8月5日(水・Zoom)/ 9月12日(土・新宿)※8月1日新宿セミは中止致しました 

Zoomセミナーのお申込みはこちらからお願いします。

《動画版の「出版実現セミナー」をご希望の場合はこちらをクリック》

時間 14時00分~18時00分 ⇒Zoomセミナーは14時30分~17時30分
場所 東京都新宿区西新宿3-1-3 西新宿小出ビル10F ネクストサービスセミナールーム・新宿ファーストステージ。Zoomによるオンラインセミナーは、どこでも受講できます。
定員 最大15名 (ただし各種スクール卒業生の参加はこの人数に含みません。Zoomセミナーは定員なし)
連絡先 0120-10-3410
参加費 【会員以外の方】
参加費 5000円(税別)⇒Zoomセミナーは3300円です
懇親会
Zoomセミナーでは講義終了後、質疑応答&懇親会があります
懇親会費 5,000円(税込み/新宿開催の場合)/ 懇親会費の徴収なし(Zoomの場合)
※自由ですが毎回7~9割程度の方が参加されます。
また懇親会では講師の松尾昭仁より個別のコンサルティングを受けることも可能です。
ご希望の方は当日、遠慮なくお申し出ください。

出版実現セミナー お申込みフォーム

Zoomによるオンラインセミナーのお申込みは下記フォームではなく、こちらからお願いします。


※は必須項目です。                    

姓  (例)日本
名  (例)太郎
メールアドレス  (例)nihon@example.co.jp
郵便番号  (半角数字)
都道府県 
住所 
電話番号  (例)03-123-0000
参加希望日時  2020年8月5日(水)14:30~17:30 出版実現セミナー(Zoom)   

2020年9月12日(土)14:00~18:00 出版実現セミナー(新宿) 

◆動画版のご購入をご希望の方はこちらをクリック

性別  男性  女性
お申し込みについて  一般参加
1期~30期ビジネス著者養成スクール受講者(無料)
割引優待
無料招待(理由を必ずコメント欄に書いてください)
懇親会  参加する
参加しない
アンケート
「このセミナーを知った経緯を教えてください」
書籍『出版の教科書』を読んで
書籍『お金に困らない人、困る人』を読んで
インターネット検索で
ネクストサービスのメルマガを見て
Facebookを見て
知人・友人からのご紹介
その他
支払方法  銀行振込
支払なし(書籍持参・セミナー受講無料対象者の方はこちらを選択ください。懇親会費は当日頂戴致します。)
コメント

お支払方法について

●銀行振込の場合
お申し込み後、お客様宛てに送信されるメールに 記載されている口座へ3営業日以内にご入金いただき、振込名義をメールにてお知らせください。
※振込手数料はお客様負担とさせていただきます。
※懇親会費のみのお支払は当日現金にて頂戴致します。

個人情報の利用目的

ネクストサービスが提供するサービスに関するメールを送信させていただく場合がございます。