編集者が語る
僕たちはこんな著者を
求めています!

編集者のホンネ(1)

持ち込み企画から10万部のベストセラーになることも!

弊社では著者候補者からの持ち込みについても対応しています。会社に届く持ち込み企画は数が多いので、採用率は1%もありませんが、知り合いから直接紹介された企画の場合は、10~15%くらいの割合で採用しています。
採用率としては決して高いとはいえないかもしれませんが、そこからベストセラーが生まれることもあり、たとえば、私の代表作『わが家の母はビョーキです』は、会社への持ち込み企画から10万部のベストセラーになったコミックエッセイ作品です。
この作品は「、統合失調症」という病気をテーマにした一冊です。周囲には病気を「隠して」生きていくことが常識だった統合失調症に対して、むしろカミングアウトすることの大切さを描いた本作には、これまでの常識を根底から覆すような「独自性」のあるメッセージが込められていました。
そのメッセージの強さが読者に大きな共感を巻き起こし、当事者のネットワークのなかで一気に拡散。メディアでも大きく取り上げられることとなり、ベストセラーとなりました。もし、著者独自のメッセージが弱かったら、本にすることもなければ、ベストセラーになる
こともなかったと思います。