竹田理絵さま(第29期)
《 著書 》『世界のビジネスエリートが知っている 教養としての茶道』
(自由国民社)
『「お茶」を学ぶ人だけが知っている 凛として美しい内面の磨き方』
(実務教育出版)

出版の動機

もっと多くの人達に茶道を中心とした自国(日本)の文化を伝えたい。ビジネスや日常生活に活かしてほしい。」と思ったことが出版の動機です。
スクール受講前の悩み 出版したいという思いはありましたが、どのようにしたら出版へ繋がるのかがわかりませんでした。その様な時に「出版実現セミナー」を受けて、出版までのカリキュラムがしっかりしていて、豊富な実績がある松尾先生なら夢を実現してくれると確信し、スクールの受講を決めました。

スクールに参加してよかった事・苦しかった事

スクール生の出版実績に表れている出版を実現するためのカリキュラムや講義内容の確かさがあります。
「著者プロフィール作成」、「出版企画書の作成」、「プレゼンテーション」のカリキュラムを通して、編集者様が求めるプロフィールや企画書、心を掴み結果を出せるプレゼンテーションを段階的に学んでいきます。
なかなかひとりではまとまらない企画書も、松尾先生やスタッフの方、OB、OGの皆さんや同期の仲間の的確なアドバイスや支援で、自分一人では発見できない強みや通る企画書が出来上がっていくのです。
自分が成長できるだけでなく、良き師や苦楽を共にした素晴らしい仲間にも恵まれました。

出版まで・できあがった本の感想

松尾先生をはじめ、スクールの皆さんと一緒に作ったオーディション時の企画がそのまま通り、執筆、出版と繋がりました。
大型書店に並んだ自分の本やポスターを見た時、本当に自分の本なのという嬉しさと共に達成感がありました。
また、読者の方から「そうそうと頷きながら読み進めています。」「仕事の役にたちました。」「なぜか涙がこぼれてしまいます。」などという感想をいただいた時に、少しでもお役にたつことができて良かったなと喜びを噛みしめています。

メッセージ

出版をお考えの方に、このスクールは出版までの最短距離であると自信をもってお勧めいたします。
最終日、多くの出版社の編集者さんの前で企画書のプレゼンをして、出版に繋がるというゴールがみえる、とてもシンプルで明確なスタイルです。
また、このスクールは卒業したら終わりではなく、その後も出版の相談などのフォローも手厚くしてくれます。これも松尾先生やスタッフの大沢さん、OB、OGの皆さんの温かいお人柄だと思います。
どうぞ安心して、第一歩を踏み出してみてください。

プロフィール

株式会社茶禅 代表取締役。
神楽坂生まれの3代目江戸っ子。和の教養や精神を身につけて、世界で活躍したいビジネスパーソンに対して、日本の伝統文化や茶道、和の作法で支援するグローバル茶道家。
青山学院大学文学部卒業後、日本IBMに入社。
退社後、日本の伝統文化の素晴らしさを伝えたいと株式会社茶禅を創設。 銀座と浅草に敷居は低いが本格的な茶道を体験できる茶室を開設。 茶道歴40年、講師歴25年。年間世界30カ国の方々に日本の伝統文化を伝え、延べ生徒数は30000人を超える。
ブルネイ国王即位50周年のイベントにて茶会披露。各国首相や大使館、官庁、VIP、一部上場企業からの信頼も厚くお茶会を多数実施。
千利休から学ぶビジネス研修は、経営者が注目し、企業研修に取り入れられる。ハーバード大学等、茶道を取り入れた教育・教養研修実績多数。
昨今はニューヨーク、パリ、ロンドン、ミラノ等海外へ日本の伝統文化、茶道マインドを普及する第一人者として広く発信している。