根岸靖さま(第13期)
接骨院グループ ヒューマンアジャスト代表
セカンドジョブ代表 むさし整体療術学院学長

《 著書 》『貧乏治療院と繁盛治療院: 開業から分院展開までの成功の道すじ』
(合同フォレスト)

出版の動機

本業が順調にいっているため、様々な営業がやってきます。その中の一つに自費出版業者がいました。「社長ほどの実績がある方でしたら是非、自費出版をして本を出しませんか」という提案です。その金額はなんと、1000万円。しかし当時の私は「経費になるなら良いかな?」くらいの感覚だったのです。周囲に相談し、その時は断念したのですが、そのころから出版に興味を持ち始めました。ちょうどそのタイミングで弊社の顧問弁護士にネクストサービスをご紹介いただき、すぐに飛びつきました。

スクール受講前の悩み

本当に自分程度の人間が商業出版の著者としての需要があるのであろうか?と心配でした。

ビジネス著者養成講座の思い出

幅広い年齢、職業、立場の人間が商業出版という一つの目標に向かってチームを作り勝利を勝ち取る様は、まるで学生時代の部活動みたいな雰囲気でした。大人になってこんな気持ちになれる場所があるなんて、今思い返しても熱い思い出がよみがえります。

オーデションが終わってから出版までの苦労

数社の出版社から交渉権をいただき、訪問させていただきました。出版社も編集者も様々でしたが、私の仕事に対する思いを真剣に聞いてくださった最良の編集者とご縁をいただき、細部にわたるアドバイスを頂戴しながら3か月で1冊を書き上げることが出来ました。最初は、本1冊分の文章を書けるかどうか不安でしたが、私の仕事に対する熱い思いを編集者がうまく引き出してくれたおかげで何とか書き上げることが出来ました。

出来上がった本を見ての感想

「本当に、できちゃった。」これが正直な感想です。最初に本を手に取った時は鳥肌が立ちました。

出版後に変わったこと

生まれて初めてサインを求められ、地方からファンレターが届きました。自社の売り上げも前年を大きく上回りました。

受講を検討している方へのメッセージ

たった6日間だけで本が出版できるわけではありません、しかしその6日間で得た出版仲間と松尾先生とのつながりは続きます。あきらめなければ、ずっと応援し続けてくださるネクストサービスのシステムに感銘を受けております。
 
社会的な地位や仕事の実績、学歴に関係なく、商業出版に向けて頑張っているすべての受講者に平等に出版のチャンスを与えるネクストサービスの姿勢は他社を圧倒しています。ご自身の実績やノウハウに自信のない方こそ、本講座を受講するべきだと思います。

プロフィール

1975年生まれ。獨協大学経済学部経済学科卒業。中学生から始めたテニスで才能を発揮し、大学卒業後に全国展開の大手スポーツクラブに就職。最年少店長に抜擢され、多店舗展開ノウハウを学ぶ。しかし、もっとも人に必要とされる仕事がしたいとの強い思いから28歳で脱サラ。学費と生活費に追われ、家賃3万8千円のアパートで倹約を極めるも、国の教育ローンを利用し、柔道整復師の学校へ通う。
 
3年後、国家資格を取得。都内有名整形外科で修業したのち埼玉県狭山市にて、31歳で接骨院を開業。その後1年に1店舗ずつ店舗を増やし、現在は9つの接骨院を経営。また、後進の指導の為に39歳で整体師養成学校を開校。卒業生には技術のみならず、前職の経験を生かした経営方法を伝授するなど、転職組やシニア層の治療家から受ける信頼は特に厚い。