仕事の英語パーソナルトレーナー
河野木綿子さま(第7期)

《 著書 》『読むだけでTOEICテストのスコアが200点上がる本』
(あさ出版)平成27年3月15日出版

出版の動機

個人事業主開業の準備期間中に当スクールに巡り合いました。得意分野での開業とはいえ全く知名度がありませんので潜在的顧客の信頼を得てその他大勢から抜け出すために出版に取組みました。

ビジネス著者養成スクールを選んだ理由

当初は知り合いからのご紹介です。ただ、説明会に参加するうち松尾先生の熱意に打たれるとともに、自分が著者になれるのか?という不安を解消できたので参加を決意しました。

受講して良かった事

松尾先生、スタッフの方の徹底的な面倒見の良さと、仲間に恵まれたことです。これからも助け合っていきたい人たちができました。

オーデションが終わってから出版までの苦労話

入稿前の最終締切と、仕事の急拡大、新しい趣味の活動開始など忙しさのピークが重なって著書の発売時には入院するはめに。気が付いたら何か月も休んでいなかったのです。
出歩けない私のために他の期のスクール生の方までもが書店を回って棚にある私の著書の写真を送って下さるなど心温まる経験をしました。

出来上がった本を見てのご感想

タイトルやデザインは正直、自分の感性と違いますが、それだけにプロが考えて下さった
インパクトのあるタイトル、装丁の本ができました。自分がこれまで培ってきた英語習得のノウハウをまとめて悩める読者の方のお力に少しでもお役に立てると思うと感無量です。

出版後に変わったこと

それまでは「元大手外資系シニアマネージャーの人が英語を教えている」というイメージだったと思います。出版後は「実務経験を踏まえたうえで、英語やその学習法を教えることが出来る人」というイメージを持っていただけるようになり、生徒さんが知り合いに「この人に英語を習っている」と自慢して下さるようになりました。確実に信頼度が増しました。

ビジネス著者養成スクールの受講を検討している方へのメッセージ

正直なところ受講料は決して安くないです。でも本の出版にとどまらず、様々な分野のプロフェッショナルとの人脈、信頼関係、協力体制を築けることを考えると決して高くありません。人生を大きく変える可能性を手に入れるチャンスとして短期語学留学よりお勧めです。

プロフィール

仕事の英語パーソナルトレーナー。大手外資系企業上級管理職になるまでの仕事のスキルと経験、英語力を活かして主に管理職を対象に活動中。「英語を話したことがない人を話せるようにする」を得意とする。
AMA(American Management Association)のビジネスリーダー向け研修プログラムを提供するグローバルナレッジマネジメントセンターの講師として2016年春より登壇予定。
AMAは世界中で90年にわたり、年間300以上の研修プログラムを提供している。
 
大学卒業後、(株)西友の教育担当として接遇研修担当から始まり、モルガンスタンレー、バクスター(株)を経て38歳の時にロンドン大学大学院に留学。帰国後はファイザー等の国内外で実績を上げ、最終的にシーメンスジャパンの採用・人材開発兼任部長を務める。
 
英語化が進む日本の職場で活躍するビジネスパーソンを自身の経歴を活かして支援するため2014年「仕事の英語パーソナルトレーナー」を開業。2015年3月に「読むだけでTOEICテストのスコアが200点上がる本」をあさ出版より出版。
 
実績の一部: 今年2月より法人契約で開始した3人の海外プロジェクトメンバーのレッスンの結果、半年でEメール、スピーチができるレベルまで到達したために、うち一人が他社からの引き抜きで現在海外で活躍中。