久野綾子さま(第8期)《 著書 》『相続貧乏になりたくなければ親子でこまめに贈与しましょう』
(アチーブメント出版)平成26年10月6日
『相続貧乏になりたくなければ親の家を賢く片づけましょう』
(アチーブメント出版)平成27年3月3日

※画像をクリックするとAmazonの書籍ページにリンクします。

出版の動機

相続税がサラリーマン世帯にもかかるようになる時代を目前に控え、相続関係のビジネス書がたくさん出ているものの、もっとわかりやすく解説する本が必要だと思いました。相続専門税理士として10年間積んできた実務経験を「やさしく」「わかりやすく」お伝えしたいと思い、出版を志しました。

ビジネス著者養成スクールを選んだ理由

ある有名な出版社の編集長からの紹介で、即決いたしました。

受講して良かった事

仲間とともに出版という目標に向かって進むことができたことです。
ビジネス書の著者を志す方は「仕事で忙しい」というのは当たり前です。
目の前の仕事に追われながらビジネス書の出版のチャンスを後回しにするのではなく、出版オーディションという期限付きの使命ととらえ取り組むことができます。
松尾先生はじめ、ビジネス著書の先輩方から、スクール受講中はもちろん、出版までの期間、そして出版後も引き続き多くのアドバイスを受けられるところも、当スクールの長所ととらえています。

オーディションが終わってから出版までの苦労話

オーディション後、4日目に企画が通り、1ヶ月で原稿を書き、2ヶ月半後に書店に並ぶというスピードで取り組ませていただくことができましたので、苦労という苦労はなかったように思います。

出来上がった本を見てのご感想

感動と感謝の気持ちでいっぱいになりました。
本を書くきかっけとなった大きな動機に兄の死がありましたので、一番にお仏壇の前で報告しました。

出版後に変わったこと

出版前は提携先でのセミナーを主にさせて頂いておりました。しかし出版後は、全国規模で大手企業のセミナー講師のご依頼を頂いたり、税理士会・司法書士会の研修講師をさせて頂いたりと、様々な業界から講演会の機会が増加しました。
ニッポン放送でのラジオ生出演できたり、自分の著書が2冊とも向井理主演ドラマ『遺産争続』で採用されたりと、今までにない経験が舞い込みました。
出版を通して自分の使命がより明確になり、相続税の問題だけでなく、不動産の相続の問題を生前に解決する会社(株式会社ローズパートナー)を設立し、より多くの人を救う体制ができたことも大きな変化の一つです。

ビジネス著者養成スクールの受講を検討している方へのメッセージ

「本を読んで相続の相談に来ました」
「本がきっかけで初めて相続のセミナーに来ました」
こういうお言葉を聞くたびに、私の本が他の人の行動に変わっていること、本当にうれしく思います。
自分の人生の中で真剣に取り組んだこと、努力したこと、他の人が経験したことがないような経験があること…それが、他の人の人生の第一歩に変えることができるのが、もしかかしたら、あなたの本かもしれません。
迷っているのであれば、ぜひネクストのビジネス著者養成スクールに通うことを決断してください。スクール生の一員として自信をもってお勧めいたします。

プロフィール

株式会社ローズパートナー取締役
久野綾子税理士事務所所長税理士

1979年生まれ。名古屋大学卒。名古屋大学大学院経済学研究科博士前期課程修了。
世界最大級の会計グループ税理士法人トーマツ資産税部門を経て、2014年久野綾子税理士事務所を開業。
税理士会、司法書士会での研修講師をはじめ、大手企業での講演多数。第32回日税研究賞受賞論文「相続税法における取引相場のない株式の評価に関する一考察」ほか税理士向け専門誌での執筆多数。ニッポン放送、ZIP FM等メディア出演多数。著書に『相続貧乏になりたくなければ親子でこまめに贈与しましょう』『相続貧乏になりたくなければ親の家を賢く片づけましょう』(アチーブメント出版)がある。