Q&A
 

Q1. ビジネス著者養成講座に参加すると必ず出版できますか?
「出版社との面談権100%保証制度」をお付けしています。《 詳しくはこちら 》をご覧ください。

Q2. 私は一般の会社員ですが出版できますか?社内の副業禁止規定などは大丈夫でしょうか?
「一般の会社員」とおっしゃっていますが、ご自分がその仕事を当たり前にできているからであり、あなたより経験・知識・キャリアのない方や同業以外の人にとって、そのノウハウは大変貴重なものかもしれません。また会社員のまま出版し、ベストセラーになって、それがきっかけで出世したというケースもあります。ただし、出版が決まりましたら直属の上司、または人事・総務に事前報告した方がいいでしょう。

Q3. 公務員でも出版できますか?
国家公務員(キャリア官僚)が弊社のサービスを利用しベストセラーになったケースがあります。この方はその後、役所で出世しながら本を10冊以上書き40代前半で、有名大学大学院の教授に転職されました(現職)。※公務員の出版自体は禁止されていませんが、会社員の場合と同じく、出版前に上司などに事前報告してください。

Q4. 主婦やシングルマザーでも出版できますか?
はい。大丈夫です。例えば、「育児・子育て」「家事・片付け」「家計簿・貯金」「夫婦関係・離婚問題」などは主婦やシングルマザーだからこそ語れるテーマです。講座の受講(卒業)生には主婦やシングルマザーもいて「実用書」を出版し、作家デビューされています。

Q5. ビジネス著者養成講座の参加費用80万円は高額だと思うのですが?
自費出版で本を出すと費用は200万円から1000万円かかります。また本が出ることでその道の専門家としてブランディングされ、書籍自体が名刺代わりの営業ツールになること含めるとこの金額は決して高くないはずです。講座を卒業され出版された方は皆さん「むしろとても安い投資だった」とおっしゃいます。

Q6. 自費出版はやっていなのですか?
弊社のビジネス著者養成講座は商業出版専門です。全国の書店にあなたの本が並び著者印税がもらえる商業出版をぜひ目指してください。

Q7. 私は高学歴ではないのですが大丈夫でしょうか?
はい、全く気にする必要はありません。講師を務める出版コンサルタントは23冊の本を出している現役著者ですが、学歴は一流ではありません(2年浪人して偏差値50台の大学卒です)。また講座に参加され著者になった方の中にも、最終学歴が高校中退や高校卒業の方も多くいらっしゃいます。

Q8. 文章を書くのが苦手なのですが本を出すことは可能でしょうか?
ビジネス書・実用書にとって必要なのは文章のうまさではなく、あなたの経験・知識・ノウハウなどのコンテンツです。普通にメールが打てて、フェイスブックやブログなどに文章が書ければ問題ありません。

Q9. どんな出版社から本が出せるのですか?
今までの出版実績は30社を超えています。こちらにアプローチ可能な版元の一覧がありますのでご確認ください。《 版元一覧はこちら 》

Q10. 6日間のこの講座は東京(新宿)以外の地方で開催していませんか?
現状、地方開催はやっておりません。またその予定もございません。今までの参加者は北海道から沖縄県まで皆さん、遠くからも通われていました。人生の中のたった6日間です。ぜひ東京までお越しください。

Q11. 誰が講師を務めるのですか?
自らも23冊の著者を持つ出版コンサルタントとベストセラー作家、現役編集者、プロライターなど豪華なゲスト講師もそろっています。《 講師プロフィールはこちら 》

Q12. 講座の受講料は現金の一括払いだけですか?
基本はお振り込みの一括払いでお願いしています。しかしご相談いただけましたら、カード払いや分割払いにも対応させていただきます。

Q13. 全6日間のうち、欠席する日があります。それでも大丈夫でしょうか?
もちろんすべての講座に出席いただくことが前提です。しかし、どうしても日程をずらせず1~2日、参加できない日があるのなら事前にご相談ください。いままでの参加者の中にも欠席日がありながら、最終的に複数の出版社から声がかかり、著者になった人も多くいます。(講座の講義は録画し、データーでお渡しすることも可能です)

Q14. 講座(スクール形式)ではなく、マンツーマンのコンサルティングでお願いしたいのですが?
現状、出版に関する個人コンサルはいたしておりません。理由は集団での講座(スクール)形式が一番効果ある(商業出版の確率が上がる)からです。本を書くようなか方ですから当然、個性豊かであり、中には、団体行動を好まない人もいらっしゃるかもしれません。でもご安心ください。むしろそのようなお考えの方こそ、講座終了(卒業)後「学校のようで楽しかった!」「大人になって新しい仲間ができて良かった」とおっしゃいます。とはいえ「どうしても個人コンサルで…」という方はご相談ください。検討させていただきます。

Q15. 出版した際は全国の書店に本を置いていただけるのですか?
はい。商業出版ですので発売の際は全国の書店およびAmazonなどのインターネット書店で販売されます。

Q16. 出版のデメリットはありますか?
講師の出版コンサルタントは23冊の本を出していますが、「今までこれといったデメリットを感じたことはない」といいます。また、講座の卒業生の著者にインタビューしても、皆さん「メリットしかない」といいます。強いてあげるなら、周りからの嫉妬があるかもしれません。インターネット(アマゾンなど)に、稀に酷評が書かれる場合もありますが、実生活に影響が出るようなことはまず起こりません。

Q17. 発売後のフォローはありますか?
はい、あります。むしろ本が出てからが勝負だと弊社は考えています。ご安心ください。