■書籍紹介

06books0009 小さな会社の頭のいい社長がやっている
「仕掛け営業術」

(源)

「仕組み」の前に必要なのは「仕掛け」だ!
CMではなくテレビ出演、広告ではなく新聞・雑誌での取材
会社パンフレットではなく商業出版、お願い営業ではなく先生マーケティング
24時間356日タダで働く営業マン・・・・
全部無料で集客するノウハウが満載の1冊!

■推薦の言葉
『仕掛け営業術』ちょっと「ずるいな」と思ってしまいました。行政書士として年間100件以上の会社設立に関わり、私自身も起業コンサルタントとして7年という月日をかけ会得した、究極の営業ノウハウが、この1冊の本に集約されてしまっているのですから・・・・。
丸山 学(行政書士・起業コンサルタント、『社長になる力』著者)

「営業=時間をかけて見込み客にあたること」という既存概念に確実に一石を投じる内容です。この本に記載されているアイデアの価値は、本書の価額を超えています。
横張清威(弁護士・税理士、『ビジネス契約書の見方・つくり方・結び方』著者)
単行本: 205ページ
出版社: 源 (2009/7/25)
ISBN-10: 4904248031
ISBN-13: 978-4904248034
発売日: 2009/7/25
商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 2 cm

btn_purchase

 

■はじめに

この本を手にとってくださった方は、現在「経営者」であるか、またはこれから起業して「経営者になろう」と考えている方ではないかと思います。

ずっと劣等生だった私が、経営者になろうと決心したときに、いちばん最初に行ったのが、
「頭のいい(成功している)社長の本」(ビジネス書)を読むことでした。

そして、かなりの冊数を読んでいくうちに、「ビジネスで成功するために必要な法則」があることに気づきました。

【1】 頭のいい社長は、自ら営業の「仕掛け」をして、その後それを「仕組み化」している。
【2】 頭のいい社長は、ムダなお金をかけない(営業・ 集客・リクルート・ブランディングなど)。
【3】 頭のいい社長は、マスメディアをうまく取り込み (利用し)、自社をPRしている(場合によってはお金までもらっている)。
【4】 頭のいい社長は、常に「レバレッジ」を意識している(マス戦略を考えている)。

この本では、これらの私が気がついた法則(先人の知恵とノウハウ)をもとに、
私自身がその法則を参考にして、実際に行ったことや、それを行うにあたっての
試行錯誤の様子をできるだけわかりやすく紹介しました。

現在「経営者」である方、これから「経営者」になる方にとって、必ず参考になることばかりだと自負し ております。

この本を読んで感心するだけではなく、ぜひ実践してみてください。そしてその効果を、メールやお手紙でご報告いただけたら幸いです。

■目次

【第1章】 なぜ社長には仕掛け営業が必要なのか?
01 あなたは社員から尊敬されていますか?
02 あの社長が本を出版した本当の理由
03 社長は会社の顔と心得よ!
04 下請け企業に明日はない!
05 なぜ商品が売れないのか?
06 中小企業はナンバーワン?オンリーワン?
07 営業マンは不要だ!
08 あなたの会社は価格で勝負できますか?
09 会社の外見力が商品価値を決める
10 宣伝にはお金がかかる?

【第2章】 頭のいい社長の仕掛け営業術【ネット編】
01 24時間365日働く社員を雇え!
02 ホームページで大切な5つのポイント
03 「三種の神器」でファンを増やせ!
04 社長のブログはどんな内容にする?
05 メールマガジンで攻めの仕掛けを!
06 効果がなければ勇気ある撤退を!
07 ファンからのメールには必ず返事を!

【第3章】 頭のいい社長の仕掛け営業術【セミナー講師編】
01 なぜセミナーで社長ファンが増えるのか?
02 優秀な社員候補はセミナー参加者の中にいる!
03 なぜ社長がセミナー講師になれるのか?
04 社長が「先生!」と呼ばれると・・・
05 小中学校での講演は一石二鳥
06 セミナー講師の派遣会社に登録する
07 自主開催セミナーのススメ
08 商工会議所で講演するには?
09 セミナーを行うときの心構え
10 セミナーであがらないための3つの秘策

【第4章】 頭のいい社長の仕掛け営業術【マスコミ取材&出版編】
01 マスコミはどうやって取材先を探している?
02 社長の本は会社のバイブル
03 出版は「三角形の法則」を意識する!
04 出版は投資ビジネスだ!
05 社長が本を出すと会社の時価総額が上がる!
06 セミナー講師から著者へのステップアップ法
07 社長の本は会社ぐるみで営業する!
08 著者への近道教えます!
09 出版関係者との上手な付き合い方

【第5章】 今すぐできる社長のためのスピードブランディング術
01 仕掛け社長は見た目にこだわれ!
02 「さすが!」と勘違いさせるテクニック
03 仕掛け社長に不可欠なプロフィールの書き方
04 存在感が必要な仕掛け社長の名刺
05 「ギャップ」はリーダーの必須アイテム
06 仮想敵をつくり、ヒーローになれ!
07 大きな夢で他人を巻き込め!
08 仕掛け社長はお客様に会いに行け!
【第6章】 頭のいい社長の仕掛け営業術【ネット&プレスリリース対策編】

【最終章】 実録!私の仕掛け営業術【実践編】