0500_matsuo

人生はいつからだって逆転できる!

「もうすぐお子さんが生まれます!急いで病院へお越しください」
今から約13年前の夏のこと。私は貯水槽という大きな飲み水のタンクの中で、つなぎの作業服を着て汗だくで仕事をしている最中に、人生の転機となる連絡を携帯電話で受けました。私は急いで、陣痛と戦う妻のもとに車を走らせました。

初めてわが子を抱いたその瞬間、「自分はこのままではいけない!この子に尊敬される父親にならなくては!」と、独立・起業を心に誓ったのです。

現在、娘はセーラー服を着た中学生に成長しました。私はコンサルタントして、こうして本を書いたり、セミナー講師を務めたりと、忙しくも楽しい毎日を過ごしています。私が尊敬するカリスマセミナー講師の箱田忠昭先生は、こう言います。成功するには「のため理論」が必要だ、と。

愛する家族のため、妻のため、旦那のため、子どものため、彼女のため、彼氏のため、親
のため、社員のため、スタッフのため、社会のため。さらには、復讐のため、人を見返すた
め、などの負のエネルギーも、ときには成功のための大きな原動力になると。そう。私は
13年前に生まれてきた「娘のため」というきっかけがあったからこそ、人生を逆転させるべ
く、いくつもの困難にも耐えられたのでしょう。コンサルタントになって、今は本当に幸せです。

つい最近も、子どもたちの春休みを利用して、家族でバリ島に遊びに行ってきました。
サラリーマンだったときは、長期の休みはなかなか取れませんでした。たとえ取れたとして
も、お盆や年末年始でツアー料金も高く、ゆったりとしたバカンスなどできませんでした。
それが今は、自分のスケジュールを自分で決めることができるのです。

毎日の仕事も楽しいですから、「月曜の朝が憂鬱」なんてこともありません。逆に休みが続
くと、働きたくて身体がウズウズするくらいです。セミナーで講演をすれば、多くの観衆が私
の言葉に耳を傾けてくれます。コンサルをすれば、クライアントから「先生、本当にありがとう
ございます」と、感謝の言葉をいただきます。ビジネス作家としても活動しているおかげで、
メールボックスを空ければ、著作のうれしい感想メールがいつも届いています……。そんな
私も、ほんの10年前までは、「自分には何のとりえもない」と思って、つまらない毎日を過
ごしていたのです。

だからこそ、私は声を大にして言います。
人生は、いつからだって逆転できる。
人生という台本の主役は、自分自身に他ならない。

かのジョン・レノンは、生前にこんな言葉を残しました。
誰だって成功できる
成功は環境や教育とは無関係だ
「自分なら必ずできる」と信じることが大事で、人の言うことは気にするな
「こうすれば、ああ言われるだろう……」
こんなくだらない感情のために、
どれだけの人が、やりたいこともできずに死んでいくのだろうか……
この本があなたにとって、人生を変える、生き方を変える、働き方を変える、
いい意味での「CHANGE」のきっかけとなることを心から願い、筆を置きたいと思います。